ワシ部屋

khideaway.exblog.jp
ブログトップ

2007年 10月 23日 ( 1 )


2007年 10月 23日

ストレス

って、案外こわいなー、と思ふ。
週末とってもいやな(感情としては「恐い」)ことがあって、それからどうも体調悪し。

よく「ストレスで喘息でる」とか「アトピーでる」とかいうけど、それも科学的な根拠があるらしい。
こないだ会社で皮膚の免疫についてのトレーニングを受けたとき、そんな話を聞いて(ストレスかかったとき産生放出されるストレス物質の影響でサイトカインのバランスが崩れ、アレルギー症状が出たり、自己免疫疾患を発症したり増悪させたりするらしい)、とーっても納得がいった。

会社の法的なトラブル処理を担当して、今まで出たことのなかったアトピーが大爆発した人。
同じく個人の過失でない仕事のトラブルで咳喘息発症した人。
なんだかわからんけどストレスで咳喘息発症した自分。
おおお、みんな個人的な知り合い(自分も含む)だけど、ぴーったりあてはっまっとるじゃないか。
恐いねー。

そして次に思い浮かぶのは「ストレスの大きさ」。
同じストレスを負っても、ぜーんぜん平気な人と、がつーんとやられる人(含む、自分)がおり、その違いは何なのか、というと、、、ストレスに対する感受性???

大変な場に身を置いても、「どーでもえーや」と思える人は、(ストレスの大きさ)x感受性-、で、ストレス絶対値は小さくなる一方、「どうしよう?どうやったら納得いく結果が出せる???」と(ある意味過剰に)深刻に受け止める人は、(ストレスの大きさ)x感受性++で、ストレス絶対値数倍、めっちゃ重くなったストレスを受け取る羽目になる、、、おおお、それは自分のことだ・・・

そんなことが分かっていつつ、ストレス受容体(?)の感受性を落とすのは、一苦労。
感受性を高く保つことで産生物の品質を高く保ち、それを評価されて生きてきた人は、なおさら。
それを捨ててしまうと、代わりの「売り」を見つけないことには、何を「売って」生きてけばいいのかわからない・・・。
この年になって、生き方の方向転換は、きっついものあり。

でも、方向転換しないと、いつか心身がついていかなくなる予感もあり。

そんなことをつらつら考える、大台目前の、ワシ。

(とりあえず、明日からの出張中は、できるだけ無理せずさぼる方向で・・・あああ、体がストレスのスイッチ切りたい!と、叫んでる・・・)
[PR]

by kokoro_hideaway | 2007-10-23 23:26